Apple Pencilが充電できない!!初期不良?

スポンサーリンク
この記事は約8分で読めます。

愛用していたiPad miniの画面が壊れ(夫が画面の上に肘をついて圧迫した…)、仕方なくiPad Airを購入することになった。どうせならApple Pencilも買っちゃえ!と半ば自棄になりながらポチッと。

世の中、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートワークや外出自粛が叫ばれる中。しばらくは届かないだろうな…と思っていたら、数日後にiPad Air、その2日後にはApple Pencilが届いた。

Apple Pencilは初めて使う。Apple Pencilがあったら使ってみたいアプリがあったので、意気揚々とアプリをインストールし、Apple Pencilを使い始めたのだが…。

スポンサーリンク

Apple Pencilが充電できない?!初期不良?!

Apple Pencilの充電状況はウィジェットで確認できる

Apple Pencilは第一世代。iPad Airの充電するところにApple Pencilを挿しこむ形で充電する。

ところが、Apple Pencilの充電残量ってどこで確認するんだろう…。一時間ほど充電したところで気が付いた。ググってみると、iPad Airの設定からウィジェットを追加すれば確認できるとある。

Apple Pencil を充電してバッテリー残量を調べる
Apple Pencil を充電する方法や、バッテリー残量を確認する方法をご説明します。

ウィジェットを追加しバッテリー残量が確認できるようになったのだが、一時間ほど充電したにも関わらずまだ14%しか充電できていなかった。おかしいなとは思ったが、もう少し充電してみるかと3時間ほど充電したが、一向に充電残量が増えない…充電ができない。

電源アダプタ・ケーブルに異常がないかを確認

電源アダプタが壊れたか、ケーブルが断線してしまったのか、iPhoneが充電できるかを試してみる。充電が始まった。ということは電源アダプタにもケーブルにも異常はないだろう。

Apple Pencilを充電するために使ったiPad Airがこの電源アダプタ・ケーブルで充電できるかを試してみる。充電できた。

同梱されているパーツでコンセントから直接充電できるか

同梱されているパーツ、これを使えばコンセントから直接充電できるらしい。いつもは延長ケーブルで充電しているが、念のため、壁のコンセントで直接充電してみる。1時間ほどそのままにしておいたが、やはり充電できていない。

iPad Airを再起動してみる。ペアリングを解除→再度ペアリングしてみたが…

ペアリングがうまくいっていないのか。iPad Airを再起動してみた。が、充電できず。

ペアリングを解除し、もう一度ペアリングしてみようとしたが、ペアリング自体ができなくなってしまった…。もうお手上げだ。Appleのサポートに連絡しよう…

スポンサーリンク

Apple Pencilが充電できないのでAppleサポートに問い合わせてみた

Apple IDを伝えてApple Pencilの状況を説明した。いくつか提案してもらったが、それらはAppleのサイトで公開されていた情報、ひととおりすべてやってみた後だったが、何か見落としているかもしれないので、言われるとおりに操作してみた。

結局、修理となる。

いろいろ提案いただいたけれど改善しないので修理することになった。修理の受付番号を控えてと言われたのでメモする。

Apple Pencilを修理するには、2~3営業日以内に宅配便業者が自宅にApple Pencilを持ってやってくるので修理対象となるApple Pencilを渡すよう指示があった。同梱されていたパーツもあわせて送られてきた箱に入れて業者が来てくれるのを待つ。

2・3営業日を過ぎても修理対応のApple Pencilが届かない→2度目の問い合わせ

電話したのが木曜日。2・3営業日以内にということだったので遅くても水曜日辺りには来てくれるのではないかと待っていた。が一向に届かない。もちろん不在通知も入っていない。

再度、Appleのサポートに電話確認したが、発送の手続きは済んでいる。今日中に届くのではないかと言われる(いや、届いてないから電話してるし)。

このやり取りをする前、Appleのサポートを確認したところ、「修理状況が確認できません」と表示されていたのが気になる。それを伝えるのだが、なかなか調べてみてくれない。

後から分かったのだが、この時点でもし修理状況・依頼状況を確認してくれていればここから先の不毛なやり取りは発生しなかったのだが、この時点では知る由もなく。

もし、2~3日待って届かなかったら連絡するように言われる。2~3日後は土曜日だった。土曜日だと電話しても繋がりませんよね…と確認すると、サポートはやっているので遠慮なく連絡してと言われる。

そして。

やはり届かない修理対応のApple Pencil。土曜日だけど電話していいと言われたのでサポートに連絡したのだが…←3度目のサポート問い合わせ

ついにブチ切れる!!

やはり届かない。土曜日でも大丈夫と確認していたのでサポートに再度連絡。確かにサポートにはつながった。が、「Appleのリペアセンターは土日休みをいただいているので確認できません」という一言でプツンとキレた。

前回電話したとき、こちらから土曜はまずいですよねと確認したらそちらが土曜でもいいと言った。Appleのリペアセンターがやっていなければ確認できないことくらい判断できそうなのに、それはおかしいんじゃないか!!

吐き出してしまった…。もうすでに1週間経った。何度やり取りすればいいんだ…、連絡したくない。平謝りされたことで大人げない反応をした自分を恥じた。

やはり、この週末もApple Pencilをもって業者さんは来てくれなかった。

とうとうスペシャリスト現る!!←4度目のサポート問い合わせ

月曜日。朝から仕事。帰宅したら不在通知が入っていますようにと願いながら家に帰る。が、やはり不在通知は入っていない。サポートへ電話しようかと思ったが、週末にブチ切れてしまったこともあって電話がしづらい。

が、このまま充電できないApple Pencilを手元に置いてどうする?と考え直し、何度目だ、4度目、サポートへ電話をかける。履歴を確認すると言われ、しばらく待つ。「どのようなご質問でしょうか」と来た!

履歴確認されたんですよね、やり取りの履歴という意味ではないんですか?!

うわ、また語尾が強めになった。おそらく今まで対応してくれた人とは違うだろうに、怒りが止められなかった。また確認すると言われる。(何をや!)とツッコミたくなるのを抑えた。

6分ほど待たされた。なんたらスペシャリストに交替すると言われる。なんですか、それは…と思いつつ、早くこのやり取りから離脱したいのでさっさと交代してくれと心の中で叫ぶ。

また「確認する」と言われる。

どこにどんな確認をするんですか?今もずいぶん待たされたのですが、これ以上また待つんですか?

もう止まらない…、もう10日以上やり取りしている。待たされている。

何を確認するかは分からないままだったが確認して折り返すと言われた。

結果、5~6分ほどで折り返しがあった。

結論からいうと「発送手続きができていなかった」とのこと。

え?どういうことですか?と尋ねると、発送の指示は出したが、システムに修理状況が紐づけられていなかったため、工場から出荷する情報が届いていなかった、と。

・・・・・

時系列で整理すると、初めてAppleサポートに電話したのが木曜日。2・3営業美以内に発送するとのことだが届かないので再度問い合わせたのが翌週の水曜。Appleのリペアセンターは土日お休みということは、この2回目に問い合わせた水曜日ならリペアセンターに確認することはできたはず。

もしこの時点でそのシステムがどうのこうのになってるということがつかめればおそらくこの不毛な3回目・4回目のやり取りは必要なかったのではないでしょうかと、なんたらスペシャリストの方に問う。

「おっしゃるとおりです」との回答。

そうだよね、それしか言いようがないよね。わたしがその立場でもそう言うしかないだろう。届くはずのものが届かないことに対する不安、結果、その修理情報自体が伝わっていなかったという顛末。原因が分かっただけでイライラが解消されたのか、心が楽になった。

今後はこのなんたらスペシャリストの方が担当してくれる、とのこと。

〇日着でApple Pencilを送るよう依頼を出す、届いたかを確認したいので電話をしてもいいかと言われる。指定された日付は仕事で家にいない、受け取れるのはおそらく夕方から夜になると伝えると、夕方以降にお電話しますと言われる。

しばらくしてAppleの修理状況を確認してみると「修理状況が確認できません」から「お客様の製品を交換いたします」との表示に変わっていた。やり取りを終えてから1時間ほどしか経っていない。対応の早さに驚く。

追記:指定した日付でApple Pencilが届く。引き換えに充電できなくなったApple Pencilを渡す。数日後、交換になると連絡が入り、受け取ったApple Pencilをそのまま使うことになった。

やり取りがあまりに強烈過ぎて、なぜApple Pencilが充電できなかったのか原因が分からないまま。初期不良だったのかもしれないが、送り届けたApple Pencilは確認できないので確定はできない。

Apple Pencil(第一世代)が充電できなくなったら。迷わずサポートに連絡したほうがいい(ただし平日に!)

わたしが住む地域にはApple製品の修理ができる店舗がないのでこの方法しかなかったけれど、もし、近くに修理ができる店舗(カメラのキタムラとか)があればそちらに持って行ったほうがいいとも思う。いろいろやり過ぎて修復できないとも限らないので。

それから、Appleの修理依頼や問い合わせはいつでもできるが、今回のような発送したとかしないとかが絡むような事案の場合、平日に問い合わせないとAppleリペアセンターは土日祝日はお休みなんで確認しようにもできないということだ。

なんだかんだでApple製品をいろいろと使っているが、自分で落っことして画面を割った以外でサポートにお世話になることなどなくここまで来た。これ自体が運が良かったとも言えるのかも…なんてことまで考えてしまった。

タイトルとURLをコピーしました