スマホの機種変更。ソフトバンク電話店でやってみた。

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

そろそろスマホの機種変更しようかなと思ったのですが、いつものように1~2時間程度拘束されるのがしんどいな、このご時世、お店にずっといるのもなんだか心配。かといってオンラインで契約するのもどれを選んだらいいのか、現在使用しているプランとの違いが気になる。どうしようかと思っていろいろ調べていたところ、「ソフトバンク電話店」なるものを発見。

スポンサーリンク

「ソフトバンク電話店」で機種変更をやってみた

ソフトバンク電話店は通話料無料。緊急事態宣言の影響により、お電話がつながりにくくなっておりますとあったので、待つ覚悟をしてたら2分ほどでつながった。

担当してくれた方は男性。少し話しかけづらい感じがした(これは主観)けれど、現状のプランと新しいプラン2つ、どちらが負担少なく利用できるかが知りたいと言ってみた。

電話でお話しながら変更したい機種やプランについて選択していく

担当の方に携帯電話番号と名前、生年月日などを伝えて本人確認。続いて、今利用しているプランについてひとつひとつ聞き取りをしてくれた。

10分ほど話した後、プランを比較してみるのでしばらくお待ちくださいと言われて待つ。出てきた結果は新しいプランの方が負担が少ないことが分かった。

ほしい機種と色を伝えると、在庫があるとのことだったので申し込みを進めてもらうことにした。

メールアドレスを伝えて申込に必要な項目を入力するURLを送ってもらう

メールアドレスに審査に必要な情報を入力するためのURLが送られてくるとのこと。パソコンで操作したかったのでパソコンで受信できるメールアドレスを伝える。

メールアドレスに間違いがないかをSMSで送信されてきた。間違っていなかったのでそのまま進める。今使っているiPhoneのIMEI番号を伝えて確認してもらう。IMEI番号は、iPhoneの「設定」アプリをタップ→「情報」をタップ→画面下の方までスクロールするとわかる。

先ほど伝えたパソコンのメールアドレス宛にメールが送られてきていることを確認して電話を切った。

メールで申し込みURLが送られてきた

しばらくすると、メールで申し込みURLが送られてきた。リンクを開き、必要事項を入力していく。契約者と普段その携帯電話を使う人(使用者)が同じだったので画面の流れはそこまで難しいものではなかった。就業先を改めて入力する必要はあったけれど、ま、これくらいなら。

申込完了という画面になった。担当の方がその画面までちゃんといってねと言っていたのでおそらくこれで問題ないだろう。

この時点で審査が始まる。お昼ごろに申し込み完了の画面が出たのですぐに返事が来る?と思っていたら一向に連絡がこない。あれ?失敗した?と不安がよぎる。電話を終える前に別の電話番号を教えてもらっていたので、電話をかけてみる。

「順番に審査しているので夕方になるか、もしかしたら明日になるかも」

と言われる。これが店頭だと大騒ぎだな、時間がかかっても仕方ないよね、と電話を切り、おとなしく待つことにする。

SMSで審査完了・送付手続きに入ると連絡が入った

翌日、パート先で休憩時間にスマホを見ると審査完了・送付手続きに入るとSMSが届いていた。クロネコヤマトならお届け日をアプリで変更できるけど、違う会社だったからそれはできない。いつ届くか分からない、パート行ってる間に届いちゃったらどうしよう。

予感的中。翌日のパート勤務中に届けてくれたけど留守だったので不在通知が入っていた。電話をかけると夕方には届けるとのこと。晩ご飯の買い出しはしたので家から出ず、届くのを待つ。

スポンサーリンク

いよいよ、iPhone→iPhoneへのデータ移行だ!

夕方届いた箱がやけに軽い。でも大きい。てっきり古いスマホを送るキットかと思ったら新しいスマホだった。偶然娘が家に来ていて「開けてみなよ」といってくれなければ放置してたかも。

今回の機種変更もiPhone→iPhoneだったので、おそらくそこまで難しくはないだろと思ってた。けれど、最初の最初でやらかした。

一応、iPhoneが届くまでにiOSは最新にしておき、バックアップを作成。LINEのバックアップもしておいたけれど、新しいiPhoneのiOSが新しくないということに気づかなかった。そしてもうひとつ、新しいiPhoneを初期化するのを忘れていた。

おかげで「アクティベートできません」とエラーが出て、先に進めない。

ネットで調べてiPhoneを初期化しなくちゃいけないことを思い出す。iPhoneのiOSのバージョンも確認すると、古いやん…。

というわけで、新しいiPhoneのiOSのバージョンを最新にする。が、これがまあ、時間のかかること…。やっとiOSのバージョンが最新になったのを確認してから、iPhoneの初期化を行う。ちなみに、iPhoneの初期化とは、設定アプリ→一般→リセット→すべてのコンテンツと設定を消去をタップする。

スポンサーリンク

iPhoneをかざすだけでデータが移行できる「クイックスタート」

iPhoneの初期化が終わったら、古いiPhoneの近くに新しいiPhoneを近づけると、クイックスタートが始まる。古いiPhoneで新しいiPhoneに表示されている青くてもやもやしたものを読み取るとデータ移行が始まった。

このクイックスタートを使うとデータ移行がスムーズにできる。パソコンもiCloudもいらない。なんて便利な世の中なんだ…。

時間はかかるけれど難しい設定なども不要。ただし、アプリによっては設定が引き継がれないモノがあるようで、銀行アプリがダメ、PayPayはそのまま使えたし、ポイントカード系も大丈夫だった。

LINEの復元に若干時間がかかったけれど、何とか無事に終了。iPhoneのデータ移行を行う時にはWi-Fiは必須。Wi-Fiなしだとパケットがガンガン消費されるので注意!です。

スポンサーリンク

ソフトバンクの機種変更を「ソフトバンク電気店」でやってみた、のまとめ

終わってみれば、あの出だしのつまづきさえなければ1時間程度で終わったデータ移行。オンライン契約ではなかったにせよ、ソフトバンク電話店で会話しながらプランを決められたのはよかった。

iPhoneについては、今まで使っていたからそれ自体の説明がいらなかったのもあると思うけれど、待ち時間込みで30分+URLからの入力に10分程度あれば終えることができたのは、店頭で長い時間待たなければならない状態よりはるかに気持ちが楽だった。

審査が思ったより長くかかるのが難点といえば難点だけれど、それはそれで仕方ないのかな、と。iPhoneが届いた2日後に封書が届いた。契約内容を確認するもので返送は不要とあったが、古いiPhoneを返却するための書類が同封されていたので忘れずにIMEI番号を記入しておく。

あとは返送キットが届いたら古いiPhoneを入れて送ればいいだけ。

タイトルとURLをコピーしました