アラフィフの髪の悩みといえば白髪。白髪が目立つようになってきた。

アラフィフの美容生活
melancholiaphotography / Pixabay
この記事は約4分で読めます。

40代前半、車に乗ろうとドアに手をかけた時、目の前がキラッと。ん?なにか光った?これが白髪を自覚した朝。

初めのころは見つけても2~3本。お母さん、老けたね~と言いながら白髪を抜いてくれるやさしい娘…(白髪って抜いたらアカンのとちゃう?と内心思いつつ、娘の優しさについ)。

スポンサーリンク

髪の生え際に広がる白髪が目立つお年頃になった

ところが45歳を過ぎたあたりから、白髪の生える面積が広がりを見せ始めた。始まりは耳の周り、今はそれに加えて前髪の生え際へと寝食する白髪。

昔はひいばあちゃんに「きれいな髪や、日本人形みたいや」と会うたびに褒められていた黒髪だったのに。

白髪の範囲が広がると染めずにいられない。白髪を染めても1週間もすれば、元気な白髪が妖怪アンテナのようにピンと立つ。

なぜ、白髪は他の髪より丈夫、いや元気なのだろう…。

白髪の生える原因って?

白髪の原因として考えられるものとしては加齢(これは間違いない)、遺伝(これは確認のしようがない)、栄養や睡眠の不足、そしてストレス!!

詳しいことはよく分からないけれど、メラニン色素が関係していてそれが何らかの外的・内的要因で髪にメラニン色素がいきわたっていないのが原因らしい。

加齢はもうどうしようもないし、遺伝もどうしようもない。

白髪がこれ以上増えないように自分でできることはあるのだろうか

この中で白髪が増えるのを防ぐことが出来そうなのは、栄養や睡眠の不足とストレス解消。

食べていないわけではないけど食欲が落ちている、食事に関心が無くなってきている現状では、摂取量が減るわけだから必然的に栄養素も接種できないでいるんだろう。

貧血もあるしね、食べなきゃいけないんだろうけど牛肉とかそういうものを受け付けない身体になってしまった。無理くりメニューには入れるけど、よほどのことが無ければ食べない。

ただ、納豆は好きでよく食べている。豆系が好きなんで煮豆なんかもよく食べる(が、オットが豆類が苦手なんで作る回数は減ったかもしれない)。

豆類だけの摂取じゃ栄養不足は補えないだろうけど、肉かぁ~、苦手だ…。

睡眠不足。というより、夜中に数回起きてしまうので布団に入っている時間は足りているかもしれないけど、起きちゃってるから不足してるのかもしれないな。

余程疲れないと朝までガッツリ眠ることができなくなった。そういえば、近所のおばちゃんが「寝るのもしんどい」と言っていたのが今さら身に染みるようになってきているのに気づく。

あとはストレス解消…。これが一番難しい。ストレス解消って何すればいいんだ…。運動すればいいと言われたけど今の季節は寒さに負けてしまう。ヨガとかピラティスとか習いに行ってみるかと思ったけど地方だとそれも難しい。

それがストレスにはならないかとやる前から考えてしまう、これもストレスだったりするのか。

一番スッキリするのはカラオケなんだけど、早々誘える相手もいないので、ひとりカラオケデビューも考えなくてはいけないんだろうか。

近所のカラオケボックス(と今は言うのか定かじゃないが)もひとりカラオケプラン的なものが登場した。

プランが出るくらいだからニーズがあるんだろう…と話が脱線した。

白髪があると髪型の自由が奪われる(特にアップができなくなった)

今、わたしの白髪は耳周りと前髪の生え際に集中している。だから、髪をアップにできない。じゃあ、ショートカットにすればいいじゃん、となるんだけど、ショートカットにしたのは人生2度(子どものころは除く)。

美容院に「ショートカットにするぞ!」と意気込んで行っても、鏡の前に座ると無難な髪形を選択してしまう。

朝、スキンケアをしてBBクリームを塗りたくっているときにふと生え際が気になる。

取り急ぎのとき、白髪が目立たなくなるので助かっています。なんとなく染めるのも気が引けるというか、余計に髪が痛みそうなのが気になって。

自分で染めればいいんだけど、それも少し髪の痛みが気になる。

なので、今はこの白髪隠しを急場しのぎで使ってる、というわけですが、昔の髪に戻りたい…と鏡の中の自分に呟いては落ち込む。

年齢を重ねたら白髪が出やすくなるのは分かっているけれど

ある程度年齢重ねたんだから仕方がないことは分かっているけれど、白髪が顔周りにあると老けてみえやしないかと気になるから余計に家から出たがらないようになってしまったな。

急場しのぎしながら、栄養不足や睡眠不足を解消できるようにして白髪がこれ以上侵食しないようにしたい。

グレイヘアにも憧れる、けどそこまでまだ思いきれない。まだまだ未熟なアラフィフ。

「グレイヘア」は女性の解放 染めない勇気が生き方も変える