経年劣化したステッカーが剥がれない!!

スポンサーリンク
アラフィフの日々の暮らし。
この記事は約3分で読めます。

子どもたちが小さい頃、一緒に行った水族館で買ったステッカーをドアに貼っていた。集合住宅なので同じドア、子どもたちが帰ってきたとき家が分からないかもとこのステッカーを貼っていた。

とはいえ、子どもたちも大きくなり、目印として貼っていたこのステッカー、そろそろ剥がそうかと思ったところですぐに剥がせばよかったのに、後回しにしていたツケが…。

スポンサーリンク

ステッカーを剥がす。

表面がツルツルしているとシールはがしの液が沁み込まない…

ステッカーって表面がツルツルしてて、シールはがしを塗ってもステッカーにしみこまなくて効果なし。

ステッカーにカッターを使って切れ目を入れ、そこからシールはがしの液がしみこむようにやってみたけどダメ。

ドライヤーで温めると剥がせるとネットで見つけたけどこれも効果なし。

もうだめだ、このステッカーを剥がすことはできないと諦めていたのだが、この自粛生活で断捨離を決行していく中、やはりどうしてもこのステッカーを剥がしたくなった。

カーボンはがしヘラ+KURE 5-56で再トライ!結果は…

そこでネットでいろいろ調べていたらINOUE カーボンはがしヘラなるものを発見。

お値段も手頃。これなら万が一ステッカーが剥がせなくても後悔しない!とポチり。

Amazonの翌日配送で受け取ったヘラ。見た感じ、ふつうのヘラに見える。

ドアの塗装がはげないか心配しつつ、そうっとヘラを押し当ててみる。何度か行き来させていると引っかかる部分が出てきた。そこを中心にヘラをあててみる。もうちょっとなんだけどな…。

そこで、家にあったKURE 5-56を一吹き。

1分ほど待って再度ヘラを当ててみる。ドアが傷つかないように注意しながら、ステッカーの周囲から攻めていくと、ガリッとステッカーの一部が剥がれた!!へ?ペリペリとはがれていくと思っていたのに予想外の剥がれ方。

おそらく、初めにステッカーを剥がそうとシールはがしを塗布したとき、しみこみやすいようにステッカーにカッターで切れ目をいれていたため、ペリッとはがれたのではと。

全然力を入れずにペリ!と剥がれていく…。あんなに苦労したのに呆気なくステッカーは見事に剥がれていった。

すごいな、このINOUE カーボンはがしヘラ。紹介文には

フローリング・大理石の床・壁・プラスチック・石材・金属・墓石のコケ落とし等、こびりついた汚れ落としに

とある。こびりついた汚れ落としにとあるが、ステッカーも剥がせた。

これは便利だ。家の中、剥がせるものがないかを探したが、こういう時に限ってもう剥がし終えていたりする。こういうことってよくあるよね。

小さい子どもってシールとかステッカーの類が好き。あの頃は、シール貼られても仕方ない、後で剥がせばいいやって止めることをしなかった。子どもたちが飽きたころに剥がしておけばよかったんだよな。つい、後回しにしてしまったツケだな。

タイトルとURLをコピーしました