PR

散々な月末から月初め

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

ほんと、散々だった6月末から今日(7月4日)まで。

6月末に引き落とされるはずの自動車保険が引き落とされていない。あれ?と思い、久しぶりに保険証券を見ると、切れてる…。

え?車屋さんから連絡なかったけど?パニックになりつつ、どこに連絡すればいい?と保険証券を見ると車屋さんになっている。

保険切れてるんだけど…と伝え、調べて折り返すと言われたが待てど暮らせど電話がかかってこない。しびれをきらして電話をかけると、グダグダと言い訳がましい話をし始める。

いやいや、そうじゃない、これどうなるの?と聞くと、ギリギリ更新できると。店頭に行くことになり、準備できたら連絡してと言って電話を切る。

実は、その前月、夫の自動車保険の更新があった。そのとき、担当者にわたしのはいつくらいになる?となぜか聞いた。もうちょっと後になるから連絡すると言われていた。

連絡なかったよな…と着信やLINE、メールを確認した。が、やはり連絡はなかった。

結果、数時間後に更新手続きを終えることができたけれどモヤモヤは消えず。ただ、他にもやらなくちゃいけないことがあったので動く。

そしてその夜、妹から「寝てる?」とLINE。妹からのLINEはあまりいいことではない。また何かあったのかと連絡すると、甥っ子の長期出張が決まって寂しくて落ち込んでいる、という内容。それも今週末にはいくという。顔も見れないままか…とこちらまで落ち込む。

そして、職場に監査がやってくるという話で、当日は出勤じゃなかったからのん気に構えていたら、日がずれて出勤日と重なることが直前に分かる。え?まずくない?と動揺。その日はシフトが薄い日。マジかよ…とため息。

バタバタはしたけれど監査は終了。

夫の実家に急遽行くことになりバタつく。いろいろ心配事もあってソワソワする時間を過ごすが、なんとかそつなく終えた。

で、その翌日。夫が腹痛で病院。いつも診ていただいている近所のお医者さんから紹介状をもらって大きな病院へ。腸閉塞の疑いだと言われたが、大きな病院で点滴を打ってもらったところで痛みはなくなり、多少気持ち悪いけれど楽になったからと言って、帰ってきた。

翌日、病院で診てもらったところ改善しているが、昨年も同じ症状で受診しているため、造影剤を使って来週検査をすることになった。

で、今日だ。たまたま帰って来ていた娘がお風呂の種火がつかないという。ガスがおかしいのかと思って見てみたけれど異常なし。ガス屋さんを呼んでみてもらったら窯の経年劣化。修理してもいいが、耐用年数?を超えているとかで買い替えたほうがいいと言われる。

この暑い季節に風呂に入れないのは非常に困る。が、仕方ない。しばらく健康ランド的なところにお世話になるしかない。風呂釜を取り寄せる都合上、一週間ほどかかると言われる。

そういえば銭湯ってどこにあるんですかね…とガス屋さんに聞くと、もう1軒だけじゃないですかね、あそこもあそこも閉鎖されたんで、と聞くと、寂しく感じてしまう。

おまけに、パソコンがブルースクリーンで起動しない。拝むような気持ちで再起動を見守る。無事、起動したけれど、こちらももう限界なのか…と思いつつ、バックアップを取る。

バックアップを取りつつ、メールを確認したらサーバーの契約更新を忘れていたことに気づく。慌てて契約更新の手続き、支払いを済ませる。が、一向に入金確認のメールが来ない。復活できるタイミングで気づけて良かったけれど、パソコンが立ち上がらなかったら…と考えるとぞっとする。

次、起動したらもう立ち上がらないかもしれない…と思うとシャットダウンする勇気が出ない。この記事、書いてる場合じゃないかもしれない。

ほんと散々だ…、と書いてどうするという話だけれど、なんだか落ち着かなくて吐き出してしまおうと書いてみた。

最近、休みの日はこんな感じで全部何かしらの対応に走っている。休みが休みに戻るのはいつなのか…。

タイトルとURLをコピーしました