ドリンクメイトが壊れた?!ボタンを押してもスカッ!ボタンが押せない

スポンサーリンク
アラフィフの日々の暮らし。
この記事は約3分で読めます。

昨年の夏、ずっと気になっていた炭酸を作ることができる「ドリンクメイト」を購入。毎晩、ドリンクメイトでレモンサワーを作って楽しんでいた。

スポンサーリンク

ドリンクメイトが壊れた。ガスが出ない、ボタンが押せない

ガスシリンダーを交換した途端、ボタンが押せなくなった

先日、ガスが無くなったと夫がガスシリンダーを取り替えようとしたとき、夫の「あれ?」が聞こえてきた。ガスシリンダーが取り外せないようだ。

あんまり強く回すと壊れるよ

分かってるって

そのあと、また夫の「あれ?」が聞こえる。あ、なんかやらかしたな…と不安が過る。

ドリンクメイトに新しいガスシリンダーを装着。ボトルに冷水を入れ、ドリンクメイトにボトルを装着。で、ボタンを押す

スカッ!

何度押してもガスが注入されない。ガスシリンダーを装着し直してもダメ。

パッキンがずれてしまうことがあるらしい…

ネットで調べるとパッキン(黒)がずれているかも…とあった。細いピンのようなもので外して再度装着。ずれが無いことを確認し、ガスシリンダーを装着。ボタンを押してみる、が、ダメ。

まさか壊れた?!

取扱説明書(「トリセツ」というアプリに取り込んである)を読んでみたが、パッキンのずれを確認としかない。

これは困った。この時点で19時を過ぎていた。サポートに電話しようとしたが、終了している時間。

仕方なくそのままにして明日を待つことにした。

ドリンクメイトのサポートに電話をする→点検修理扱いになる

翌朝、サポートデスクが9時30分からとあったので、9時31分ころに電話をかける。オペレーターの方が丁寧に確認してくれたが、症状は改善せず。

この時点で気になっていたことを伝える。

実は、昨夜、夫がガスシリンダーを装着し直している間、ガスシリンダーの金属の部分にプラスチックのようなカスがついていたのだ。よく見るとパッキンの入っている壁?にあるネジのようなところが削れていたのだ。

力強く押し込んだせいでその部分が削れてしまったのではないかと伝えた。

保証期間中なので本体を修理受付係まで送るよう指示された。が、購入したときの外箱はすでに処分している。

そのことを伝えると箱を送ってくれる、おまけに送り返すのは着払いでいいとのこと。ありがたい…。壊れたのが保証期間中で良かった…と思ったりもした。

住所や保証期間の確認などを終え、電話を切った。箱が送られてくるまで待つことになった。本体と一緒に保証期間・購入した事実が分かるもの(原本じゃなくてもよい。レシートでもいい)と、症状を簡単にメモ書きして同梱してほしいと言われたので準備。

翌日、晩御飯を食べていると佐川急便さんが空箱をもってやってきた。箱をあけて本体を入れてと言われた。一緒にいれてくれていた緩衝材でドリンクメイト本体を包み、箱の中に入れると佐川急便さんが受け取りをくれて終わり。

だいたい2週間くらいはみておいて、とのこと。直るといいな…。

追記:結果は、新品と交換になりました。どうやら保証期間中はなるべく早くお手元に…ということで修理ではなく、交換になるらしい。
さっそくガスシリンダーを入れて試運転。無事、炭酸できました!!
ところが2日目、またプシュと音がしてガスが送り込まれない。前回壊れていた場所に異常はない。もしかしたらとガスシリンダーの重さを計ってみると770gだった。
ドリンクメイトの修理が終わるまで、ガスシリンダーについていたキャップをはめて置いておいたけど、キャップを留めていたカバー?を外してしまうと、いくらキャップを閉めていてもガスは抜けてしまうのね…。

タイトルとURLをコピーしました